温泉旅館、今昔

温泉旅館、今昔

温泉旅館を利用して、温泉を堪能しつつ、のんびりするのは一つの大きな楽しみ、またリラクゼーションになります。最近は日帰り温泉などもしずかなブームですが、ちょっと一休みするためにも、温泉旅館に立ち寄ることをおすすめします。

 

温泉旅館の規模の区別というのがあって、15室くらいですと小規模、40室くらいだと中規模、そしてそれ以上を大規模というんだそうです。いまは少人数の旅行や、個人旅行、隠れ家的な旅館が女性を中心に人気があって、そのサービスとともに、雑誌等で取り上げられることも増えています。民家の延長、家族経営の旅館も情緒があっていいですね。料金もそう高くはありません。

 

また、昔は団体ツアー客が押し寄せていた、温泉街にある大規模ホテルも、いまはなかなか団体旅行、社員旅行は多くなく、経営が難しいホテルもでてきているようです。ホテル選びのときは、温泉宿のなかで、どのような楽しみ、やすらぎを得たいのか、サービスや施設の充実度で考えてみましょう。

 

温泉旅館

 

銀座ワインとは
亀有ラーメンはこちら